近所の廃車 買取業者をカンタン検索!

TOP >> 普通自動車の廃車手続き

普通永久抹消登録(自賠責保険料の払い戻し手続き)

廃車にする車でも価値があります。動く車の査定はこちら事故車、水没車、不動車でも買い取ってくれる業者があります。事故車の車はこちらで査定

自賠責保険とは「自動車損害賠償責任保険」の略で、自動車や原付自転車を使用する際に、強制的に加入する保険です。 自動車の車検は、この保険に加入していなければ受けることが出来ません。

実は、有効期限が残っている場合は、払い戻しを受けることが出来るのです。自賠責保険は、前述した通り、車検を受けるのに必ず必要とされます。ということは、車検満了期間までの期間分、自賠責保険も残っているということになるのです。

どれぐらい残っているかは保険証書を見ればすぐに確認できるので、一度ご覧になってみてください。 自賠責保険の対象期間は、1ヶ月単位です。なので、払い戻しの対象となるには、一ヶ月以上保険期間が残っている必要があります。

では、自賠責保険の払い戻しを受けるまでの手続きについて説明します。 始めに、手続きに必要な種類を挙げておきます。


  • 自賠責保険証
  • 登録事項証明書
  • 所有者の認印

以上の3点です。

払い戻し先は銀行振込みとなるので、振込先の口座も用意しておいてください。 また、自賠責保険証には連絡先が記載されているので、最寄りの窓口や必要書類等、予め確認しておくと良いでしょう。

必要書類を揃えたら、加入先の保険会社窓口で手続きを済ませましょう。 これで、自賠責保険払い戻しの手続きは完了です。

自賠責保険料の払い戻しは、加入者が自ら手続きに向かわないと支払われないので注意が必要です。 本当に何の通知もありません。 取り戻せるものは、自らの手で取り戻しましょう。

普通自動車の廃車手続き