近所の廃車 買取業者をカンタン検索!

TOP >> 普通自動車の廃車手続き

普通自動車の永久抹消登録(必要書類と流れ)

廃車にする車でも価値があります。動く車の査定はこちら事故車、水没車、不動車でも買い取ってくれる業者があります。事故車の車はこちらで査定

ここでは、永久抹消登録の流れと、手続きに必要な書類を説明します。まず始めに、自動車のナンバープレートを取り外しておきます。

次に、車体を引き取る業者(解体業者や自動車整備工場も可)へ連絡し、自動車を引き取ってもらいます。依頼する際、自動車リサイクル券の「A券」以外を受け取ります。もしも自動車リサイクル料金が未払いの場合は、ここで料金を支払う必要があります。

自動車の処分が完了すると、業者から「解体報告記録日」の通知が来ます。これは廃車手続きの際に必要になるので、忘れずに確認してください。次に、手続きに必要な書類を準備します。必要な書類は、以下の通りです。


  • 申請書(OCRシート3号書式の3)
  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • ※上記の三つは、管轄の運輸局で揃えられます。

  • 実印
  • 印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車リサイクル券
  • ナンバープレート

書類が揃ったら、管轄運輸局へ行き、展示されているサンプルを参考に書類を作成します。書類の作成が完了したら、ナンバープレートの返納と、手数料納付書への手数料印紙(無料)貼付けを行います。上記の作業を終えたら、書類を窓口に提出しましょう。

最後に、運輸局に併設されている「自動車税事務所」へ行き、自動車税に関する手続きを行います。これは、自動車税を停止させるための手続きなので、忘れずに行ってください。この手続きを終えると、永久抹消手続きが完了します。

ちなみに、車検が残っている場合は、ここで今年度分の自動車税が戻ってきます。意外と書類の数が多いので大変だと思いますが、一つ一つ確実に準備をしてください。

普通自動車の廃車手続き