近所の廃車 買取業者をカンタン検索!

TOP >> 事故車の廃車の仕方

使える部品はどうする

廃車にする車でも価値があります。動く車の査定はこちら事故車、水没車、不動車でも買い取ってくれる業者があります。事故車の車はこちらで査定

車は当然それ自体に価値があるものですが、各部品1つ1つにも価値があります。 事故を起こし走行不能となった車でも、使える部品を中古パーツとして再利用することができます。 現在は中古パーツの流通は整備されていて中古パーツの人気は非常に高いのです。

事故車から外したパーツも、このような流通経路にのせることで全国に販売することがでます。

使える部品は丁寧に取り外して解体され、取り外した部品は、アジア、ロシア、アメリカなど需要の多い国へ輸出され活用されます。また近年では中古部品の国内市場も拡大しつつあるため、事故車と言っても価値がゼロということは少ないようです。事故車の買取を行っている業者は少なくありません。

さらに無事故車の買取と比較して、車の行く末次第では、買取価格が大きく変わってしまうのが、事故車買取の特徴です。そこで複数の買取業者の査定価格を比較して、売却先を決めるのが得策となります。自動車解体をする業者は都道府県知事の許可を取る必要があります。

もし、自動車解体を都道府県知事の許可なしに営業してしまうと刑事罰に罰せられます。しかしインターネットなどで調べてみると自動車解体の営業をしている業者はかなり多く、その数は数千にも及びます。このことから、自動車解体業は需要も供給も多いといえます。日本には車自体がかなり多いため、使用しなくなった車は、必然的に自動車解体されることになります。

事故車は価値が無いと思っている人も多いようですが、実際には思っているよりも需要はたくさんあります。事故車の買取専門店や専門業者があるという事は事故車にも色々な需要があり価値があるという事なのです。

事故車の廃車の仕方