近所の廃車 買取業者をカンタン検索!

TOP >> 廃車の基礎知識

自動車リサイクル料金

廃車にする車でも価値があります。動く車の査定はこちら事故車、水没車、不動車でも買い取ってくれる業者があります。事故車の車はこちらで査定

自動車の廃車手続きにおいて、近年大きな動きがありました。それは「自動車リサイクル法」の施行です。これによって、廃車手続きの何が変わったのか?それは、主に下記の4つです。


  • 1.自動車購入時にリサイクル料金を納めること
  • 2.廃車登録する自動車(一時抹消を除く)を引き取り業者へ引き渡すこと
  • 3.廃車登録の際、リサイクル券(A,B券)の提示が必要になったこと
  • 4.自動車重量税の還付が受けられるようになったこと

廃車手続きに関して、自動車の所有者及び使用者は、自動車の扱いにより責任を求められるようになりました。この法律が施行されるに至ったのには、実は、経済的な事情が背景にあったのです。廃車にされた自動車は元々、その自動車を引き取った解体業者による中古部品や金属の回収により、80%近くがリサイクルされていました。そして、残りの20%は産業廃棄物として処理されていました。

ところが近年、産業廃棄物の処分費がかさみ、更には、金属価格の低迷の影響で、従来の業界の方法では対応しきれなくなってしまったのです。 不法投棄を行う業者も現れ、社会問題にまで発展したのです。現在は金属価格も回復の傾向にあります。

しかし、政府は今後の金属価格変動に備え、市況に影響されないシステムを構築するべく自動車リサイクル法を制定したのです。この法律により、自動車に関わる業者や国民は、互いに役割を分担し、自動車の適正な処理,リサイクルを推進させる役割を果たしているのです。

自動車リサイクル料金に関して詳しい情報を知りたい方は、「自動車リサイクルシステム」をご覧ください。

廃車の基礎知識